災害時 避難所に持って行かないほうがいいもの10選|理由と本当に必要なグッズも紹介

「天災は忘れたころにやってくる」

これは、日本ではよく知られている警句です。
起きてしまった災害を忘れず、日々備えをしようという意味があります。

災害は、誰にとってもある日突然訪れる可能性のあるもので、予定することは出来ません。
災害が起きてしまった時、自宅で生活が難しければ避難所で共同生活を送ることになります。テレビなどで見たことがある人もいるでしょう。

災害時には避難所に持って行くべきものというのがありますが、逆に避難所に持って行かないほうがいいものも存在します。例えば、貴重品や大切な記念品は避難所に持ち込まないほうが無難です。避難所では人々が一緒に生活するため、貴重品を持ち込むことで盗難や紛失のリスクが高まる可能性があります。また、避難所では限られたスペースしかないため、必要最低限の物品のみを持って行くことが求められます。そのため、避難所には生活に必要な衣類や食料、医薬品などを持参することが重要です。

この記事では、避難所に持っていかない方が良いモノとその理由をご紹介します。また同時に準備しておきたい本当に必要なモノを解説しますので是非参考にしてください。

↓ 防災士の資格を持つ店長が厳選した防災グッズに興味のある方はこちらをチェックしてください ↓

目次

避難所とはどんな場所なのか

避難所は、災害や緊急事態が発生した時に、一時的に避難するための場所です。地震や洪水、台風などの自然災害や、火災や爆発などの事故が起きた場合に、安全な場所を確保するために設けられます。

避難所では、避難者の安全と生活を支援するために、食事や寝具、トイレなどの基本的な生活用品が提供されます。また、医療や心理支援などのサービスも提供されることがあります。避難所は一時的な滞在場所であり、災害が収束した後は、避難者が安全に帰宅できるように支援されます。

避難所の狭いスペースに制約がある理由

避難所の狭いスペースに制約がある理由はいくつかあります。

まず、災害時には多くの人々が避難所を利用するため、スペースが限られていることが考えられます。

また、避難所は通常、公共施設や学校などの建物を一時的に利用するため、本来の目的とは異なる使い方をすることになります。そのため、十分なスペースを確保することが難しい場合もあります。

さらに、避難所では様々な設備や生活必需品が必要になりますが、これらを収納するためのスペースも限られています。そのため、効率的な配置や最小限のスペースでの運営が求められることもあります。

以上のような理由から、避難所の狭いスペースには制約が生じることがあります。

不必要な物を持ち込むことが避難所の効率を下げる理由

避難所では、多くの人々が一時的に避難するため、スペースや資源が限られています。そのため、不必要な物を持ち込むことは、避難所の効率を下げる原因となります。

例えば、大きな荷物や家具を持ち込むと、他の人々のスペースが奪われるだけでなく、通路やエリアの移動も制限されます。

また、不必要な物を持ち込むことで、避難所の管理や衛生面の問題も生じる可能性があります。そのため、避難所には最低限の必需品を持ち込むことが求められます

 防災グッズなら防災士店長が厳選した39点セット【ディフェンドフューチャーをチェック

災害時の避難所に持って行かないほうが良いもの10選

ここでは、災害時の避難所にもっていかない方が良いモノを理由を添えてご紹介します。

手元に置いておきたい気持ちもわかりますが、災害という非日常の空間に持ち込むのは避けた方が良いでしょう。

高価な宝石や貴重品

高価な宝石や貴重品を避難所に持っていくことは避けるべきです。

避難所では必要最低限の生活用品や食料などが提供されますが、貴重品の管理や保護は困難であり、盗難や紛失のリスクが高まります。初めから人を疑いたくはありませんが、不特定多数の人が集まる場所になるので、注意が必要です。

大量の衣類や靴

避難所は限られたスペースと資源しか持っていないため、大量の衣類や靴を収容することは困難です。

避難所では多くの人々が一緒に生活するため、個々のスペースが制限されます。そのため、他の人々と共有するために必要な最低限の衣類や靴を持参することが重要です。

高いヒールの靴

避難所は緊急時に安全を確保する場所であり、快適さやファッション性を重視する場所ではありません。

高いヒールの靴は歩行や移動に不安定さをもたらし、転倒やケガのリスクを高める可能性があります。また、避難所では通常、床が硬く滑りやすい場合が多く、ヒールの靴では歩行が困難になることも考えられます。できるだけ安定感のある靴やスニーカーなど、歩行に適した靴を持参することが望ましいです。

 防災グッズなら防災士店長が厳選した39点セット【ディフェンドフューチャー】をチェック

大型家具や家電製品

大型家具や家電製品を避難所に持ち込むことは、避難所の状況を悪化させる可能性があります。

避難所は通常、多くの人々が一時的に避難する場所であり、限られたスペースとリソースしか持っていません。大型家具や家電製品を持ち込むことによって、他の避難者のためのスペースが奪われるだけでなく、必要な物資やサービスの提供にも支障をきたす可能性があります。

また、避難所では安全上の理由から電力や水道などの利用が制限されることがあり、仮に持ち込めたとしても利用できないこともあるでしょう。

長時間持ち続けることが難しい重い荷物

避難所では、長時間の立ちっぱなしや頻繁な移動が発生する可能性があります。

そのような過酷な状況下では、重い荷物を持つことで体力を消耗する可能性もあります。軽装で身軽に行動する方がより効果的です。

非常食以外の食べ物や飲み物

避難所での食事は心配が多いかと思います。しかし、非常食以外の食べ物・飲み物の持ち込みは避けた方が良いでしょう。

非常食は災害時に必要な栄養を補給するために特別に設計されており、長期保存が可能なものが多いです。一方、普段の食品や飲み物は賞味期限が短く、保存方法にも制約があります。

持ち込んだ食品や飲み物が腐敗してしまったり、他の被災者に分け与える際に問題が生じる可能性もあります。避難所では非常食以外の食べ物や飲み物を持ち込まないことが求められます。

 防災グッズなら防災士店長が厳選した39点セット【ディフェンドフューチャー】をチェック

大量の現金やクレジットカード

大量の現金やクレジットカードを避難所に持ち込むことは、安全上のリスクがあるため避けるべきです。

避難所は多くの人々が集まる場所であり、貴重品や大金を持っていることが周囲の人々に知られる可能性があり、窃盗や詐欺の標的になるリスクが高まります。

また、災避難所では個人の財産管理が難しいため、貴重品を紛失する可能性もあります。

避難所には最低限の現金や必要なカード類を持参し、他の貴重品は安全な場所に保管しておくことが重要です。

重要な書類やパスポート

重要な書類やパスポートを避難所にもっていくことはおすすめできません。避難所は混乱した状況であり、貴重品や個人情報が盗まれる可能性が高くなります。また、避難所では個人の責任で管理する必要があり、盗難や紛失のリスクも存在します。

避難所では身分証明書や保険証などの書類が必要とされる場合もありますが、これらを持ち歩いていれば十分です。

個人的な思い出の品

個人的な思い出の品は、私たちにとって特別な意味を持つものです。手元に置いておきたい気持ちは分かります。

写真を1枚持っていくのであればもちろん問題はありませんが、大量の思い出の品となれば話が異なります。持ち込むだけのスペースがないことが考えられるでしょう。

 防災グッズなら防災士店長が厳選した39点セット【ディフェンドフューチャー】をチェック

大型ペットやペットの餌

大型ペットやペットの餌を避難所に持ち込むことは、避難所の環境や他の避難者の安全に影響を及ぼす可能性があります。

ペットは、家族だから離れることは出来ないと思う人もいるでしょう。しかし、多くの人が集まる避難所では、ペットを苦手とする人がいるのも事実です。また、ペットの餌は匂いや食べ残しによって害虫や動物を引き寄せるおそれがあります。

大切なペットのことを考えたら、万が一の時ペットをどうするか、一緒に避難できる場所があるかをチェックしておくことが大切です。

災害時に本当に必要なグッズの紹介

災害時には避難する際に持っていくべき防災グッズが重要です。

防災グッズは、生活を維持するために必要な物品や食料品、医薬品などを含んでいます。具体的には、非常食や飲料水、ラジオや懐中電灯、衣類や毛布、トイレットペーパーや衛生用品などが挙げられます。これらのグッズは、災害時に自分自身や家族の安全を守るために必要不可欠です。

また、避難所では限られたスペースで生活しなければならないため、コンパクトで持ち運びしやすいものを選ぶことも重要です。万が一に備えて、日頃から必要な防災グッズを準備しておきましょう。

 防災グッズなら防災士店長が厳選した39点セット【ディフェンドフューチャー】をチェック

避難する際に持っていくべき防災グッズ

具体的には、次のグッズを持って避難することをお勧めします。

– 非常食や飲み水の備蓄
– 必要な衣類と寝具
– トイレタリー用品と衛生用品
– 緊急連絡先や重要な書類のコピー
– 懐中電灯や予備電池
– 心の安定を保つための娯楽アイテム
あわせて読みたい
防災ポーチを持ち歩かないと後悔する⁉いざというときに便利なアイテム12選 防災ポーチとは、災害時に避難所や自宅まで無事たどり着くために、必要なものを入れておくポーチです。普段から持ち歩くことが求められるので、最低限のグッズをコンパ...

まとめ:災害時の避難所に持って行かないほうがいいものと本当に必要なグッズの重要性

災害時の避難所に持って行かないほうがいいものと、本当に必要なグッズをご紹介しました。

災害時には避難所で生活することが求められますが、持ち物を選ぶ際には慎重な判断が必要です。
防災グッズや非常食、衣類などは必需品と言えるでしょう。また、快適な避難生活を送るためにも、寝具や衛生用品も準備しておくと安心です。

災害時の避難所では物資の供給が限られる場合もありますので、自己防衛能力を高めるためにも、必要なグッズを事前に備えておきましょう。

 

↓ 防災士の資格を持つ店長が厳選した防災グッズに興味のある方はこちらをチェックしてください ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次