防災ホイッスルを持ち歩こう!おすすめホイッスル3選

防災ホイッスルは、災害時に助けを求めるために重要なアイテムです。

その鋭い音は遠くまで届き、周囲の人々や救助隊に自分の存在を知らせることができます。

声が枯れたり、喉を傷める心配もなく、夜間や悪天候時でも効果的で、常に携帯することで、万が一の緊急時に備えることができます。

本記事では、防災ホイッスルの必要性から、選ぶ際のポイントからおすすめの防災ホイッスルまでご紹介をします。ぜひ、ご参考ください。

目次

防災ホイッスルはなぜ必要?

引用:photoAC

防災ホイッスルは、災害にあった際、身の安全を守るために重要なものです。

災害時には、身の安全を確保するために迅速な避難をしますが、時には、建物に閉じ込められたり、火の手が激しくて移動できなくなり救助を求めなければいけないこともあります。

防災ホイッスルがなぜ必要なのかというと、『災害時であっても簡単に大きな音で居場所を伝えられる』からです。

防災ホイッスルは周囲に遭難の合図を送るのに非常に効果的です。

人間の声は限られた距離しか届かず、声を発することで喉を傷めたり、声が枯れてしまったりすることもあります。

しかし、ホイッスルの鋭い音は比較的長距離まで届くため、効率的に救助を呼びかけることができます。

さらに、防災ホイッスルは音が持続的であるため、発見されるまで繰り返し鳴らすことができます。また、防災ホイッスルは声に比べて音の方向性が高いため、方向を示すこともできます。この性質があるため、救助隊に対して自分の位置や方向を伝えることができます。

特に、夜間や悪天候時など、視界が悪い状況下での遭難時には、このような音の方向性が大きな助けとなります。

これらの理由から防災ホイッスルは災害対策として必要なものです。

防災ホイッスルを選ぶ際のポイント5選

引用:photoAC

適切な防災ホイッスルを選ぶことは、その効果を最大限に引き出すために重要です。

ここでは、防災ホイッスルを選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。

1.音の強さと周波数

防災ホイッスルの最も重要な特性は、鋭い音を発することです。

効果的な防災ホイッスルは、75デシベル以上の音を発し、周囲の騒音にも負けないような音の強さが求められます。

緊急時には、救助隊や周囲の人々に自分の存在を知らせるために、十分な音量がなければいけません。ホイッスルの音が十分に強ければ、騒音や風などの外部の音にも負けず、より遠くまで届くことができます。

また、周波数も重要で、高周波の音のほうが遠くまで聞こえやすいため、周波数の高いホイッスルを選ぶことが望ましいです。

高周波の音は低周波よりも遠くまで聞こえやすく、災害時で崩れた地形や密集した都市部で有効です。遠くにいる救助隊や他の遭難者に自分の存在を知らせるためにも、周波数の高いホイッスルを選びましょう。

2.耐久性と防水性

防災ホイッスルは、常に携帯しておく必要があるため、耐久性が求められます。

特に、災害時には、ハードな環境下で使用されることが多いため、耐久性がなければすぐに壊れてしまう可能性があります。

耐候性があることで、防災ホイッスルは悪天候下でも正常に機能することができます。雨や風、寒さなどの厳しい気象条件にも耐えることができる防災ホイッスルであれば、災害時の使用時に信頼性が高まります。

自分の安全を確保するためにも、耐久性と防水性を考慮してホイッスルを選びましょう。

3.軽量性とコンパクトさ

防災ホイッスルは常に身に付けておくことが望ましいため、軽量でコンパクトなものを選ぶことが重要です。ポケットやバッグに簡単に収納できるサイズであるかどうかを確認しましょう。

また、コンパクトなホイッスルは取り出しやすく、緊急時に素早く使用することができます。携帯性が高いホイッスルであれば、常に身近に置いておくことが容易になり、万が一の状況に備えることができます。

そのため、軽量性とコンパクトさは防災ホイッスルを選ぶ際の重要なポイントです。

4.使いやすさ

緊急時に迅速に使用できるよう、ホイッスルの使い勝手も重要です。

ワンプッシュで音が鳴るタイプや、首からぶら下げることができるストラップが付いているタイプなど、自分にとって使いやすいデザインを選びましょう。

また、使いやすいホイッスルは手や指にフィットしやすく、疲れることなく操作することができます。特に高ストレスな状況下では、素早く正確にホイッスルを使用できることが生死を分けることもあります。

そのため、防災ホイッスルを選ぶ際には、使いやすさを重視することが重要です。

使い勝手の良いホイッスルは、緊急時に自分の安全を確保するための助けとなります。

5.追加機能の有無

追加の機能としてLEDライトなどを搭載した防災ホイッスルもあります。これらの機能があると、災害時にさらに役立つことがありますので、自身のニーズに合ったモデルを選ぶことを検討しましょう。

追加機能がある場合、防災ホイッスルはより多目的に使用することができます。

ただし、追加機能が多いとホイッスルのサイズや重量が増加する場合があるため、使用目的や携帯性を考慮しながら、必要な機能を備えたホイッスルを選ぶことが重要です。

これら5つが防災ホイッスルを選ぶ際のポイントです。

防災ホイッスルの持ち運び方

引用:photoAC

防災ホイッスルは常に身に付けておくことが一番安心できます。

防災ホイッスルを身に付けておけば、地震や火災などの災害が発生した際に周囲の人々に注意を喚起し、自分自身の安全を確保することができます。

常に身に付けることで、緊急時にすぐに取り出して使用することができます。ホイッスルの持ち運びについて、どんな持ち運び方があるのか解説をします。

ポケットやバッグに入れる

防災ホイッスルは小型で軽量なため、ポケットやバッグに簡単に収納することができます。

常に身近に置いておくことで、緊急時にすぐに取り出して使用することができます。

キーチェーンに取り付ける

防災ホイッスルには、取り付け用のリングやストラップが付いていることがあります。

キーチェーンやカラビナなどに取り付けておけば、常に身に付けることができます。バッグやベルトループにも取り付けることができます。

首からぶら下げる

防災ホイッスルには、首からぶら下げるための紐やストラップが付いている場合があります。

これを使用して、ホイッスルを首にかけておくことができます。緊急時にすぐに取り出して使用できるため、非常に便利です。

万が一の緊急時に備えて、いつでもすぐに使用できるようにしておきましょう。

おすすめの防災ホイッスル3選

引用:illustAC

防災用救助笛 防災の達人 ツインウェーブ

こちらは、高音と低音の使い分けができるホイッスルです。

吹き口には清潔を守るキャップがついています。

商品をチェックする

セーフティ ホイッスル【蓄光タイプ】

夜になると、光るホイッスルです。

普段使う鍵やキーホルダー、バッグに取り付けても邪魔になりません。

商品をチェックする

KAKURKAKURII IDIDホイッスル

ホイッスルの中に、身分情報を記入しておくシートが入っています。

必要事項を記入しておくことで、緊急時やアクシデントに備えることができるホイッスルです。

商品をチェックする

防災ホイッスルを持ち歩きましょう

災害した際にいち早く居場所を伝え救助してもらうために、防災ホイッスルは重要です。

防災ホイッスルは、音の強さや周波数、耐久性と防水性、軽量性とコンパクトさ、使いやすさなどがポイントになります。

防災ホイッスルを準備して、災害に備えましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次