停電・避難の際に防災ライト・ランタンを備える!おすすめグッズ5選

防災ライトは、災害や停電時に活躍する防災アイテムの一つです。

防災ライトを使用することで暗闇の中での安全な移動や避難経路の移動をスムーズにすることができます。

本記事では、停電や避難の際に役立つライト・ランタンについて詳しく解説し、おすすめのアイテムまでご紹介します。ぜひ、ご参考ください。

目次

防災ライト・ランタンはなぜ必要なのか?

引用:photoAC

まず、防災ライトがなぜ必要なのか、その重要性について説明します。

災害時や停電時には、周囲が暗くなり、安全な移動や行動が困難になることがあります。そんな時、防災ライトがあれば明りによって安全な状況を維持することができ、事故や怪我のリスクを低減することができます。

また、災害発生時には避難が必要となる場合があります。防災ライトがあれば避難経路や避難所までの道を照らすことができ、安全な移動に役立ちます。

避難時だけでなく、長時間の停電が発生した場合でも防災ライトは役立ちます。特に充電式やソーラー式のものは、再充電が可能なため、長期間の点灯にも対応することができます。

いざという時、暗闇の中でも安全を確保するためにも防災ライトは必要なものです。

防災ライト・ランタンに求められる基本的な機能

引用:photoAC

防災ライトは、災害や非常事態に備えて設計された防災グッズです。

その防災ライトに求められる基本的な機能について解説します。

照明機能

防災ライトは、通常の懐中電灯やランプと同様に、照明機能を備えています。

一般的には、LEDを光源として使用し、明るく効率的な光を発することが特徴です。

長時間の稼働

災害時には停電が長時間続くことがあります。防災ライトは、バッテリー駆動や充電式であり、長時間の連続稼働が可能です。

アイテムによっては、数時間から数日間、あるいはさらに長い期間稼働できるよう設計されています。

耐久性

防災ライトは、耐衝撃性や防水性などの耐久性を備えています。

これにより、災害時の過酷な状況に耐えることができます。例えば、地震や洪水などの災害発生時にも正常に機能するように設計されています。

 

上記で紹介した機能は基本的な性能です。

防災ライトによってはモバイルバッテリー機能がついているものなどもあり、より防災に役立つ仕様になっているものもあります。

防災ライトの種類紹介

引用:photoAC

防災ライトは、さまざまな種類があり、それぞれ異なる電源方式を使用しています。

電源の種類によって、電源の持ち時間や照射範囲なども変わります。

主な種類には、

  • 電池式
  • ソーラー式
  • 充電式
  • 手回し式

の4つがあります。それぞれの防災ライトの特徴やメリット、注意点について解説します。

電池式防災ライト

まずは、電池式の防災ライトです。

電池式の防災ライトは、一般的に単三電池や単四電池などの乾電池を使用しています。

緊急時にすぐに使用できるため、準備が簡単であり、災害が発生した際に迅速な対応が可能です。

乾電池は密封されているため、通常の使用による劣化が少ないです。

そのため、災害時の備えとして長期間保管しても信頼性が高いのもポイントです。

電池式防災ライトのメリットと注意点

電池式防災ライトの電池は必要な場合は手軽に入手できるため、非常に便利です。

注意点として、電池が切れたら使うことができないため、予備の電池を持っておく必要があります。

災害時には防災バッグに替えの電池を入れておくことで、より長時間使うことができます。

点灯時間と照射距離・範囲

点灯時間は使用する電池の種類や容量によって異なりますが、通常は数時間から数十時間までです。

点灯時間が短い場合でも、電池を交換することで継続して使用することができます。

電池式防災ライトの照射距離は一般的に数十メートルから数百メートル程度です。これは、LEDの光源や使用する電池の性能によって異なります。

一般的な電池式ライトは、広い範囲を照らすために設計されています。

ソーラー式防災ライト

引用:photoAC

ソーラー式の防災ライトは、太陽光を利用して内蔵のバッテリーを充電して光を発するライトです。太陽光パネルが装備されており、日中に太陽の光を吸収してバッテリーを充電します。

長時間の停電時でも太陽光が利用できる場合は、バッテリーを常に充電できます。これにより、緊急時に必要な照明を継続して提供することが可能です。

ソーラー式防災ライトのメリットと注意点

ソーラー式防災ライトは、十分な充電が行われていれば、停電時でもバッテリーから電力を供給することができます。

また、災害時において、電池の交換が不要で太陽の光があれば何度でも充電し、使用可能です。

ただし、日光が少ない雨や曇り、夜などは充電ができないため注意が必要です。

点灯時間と照射距離・範囲

点灯時間は充電されたバッテリーの容量によって異なりますが、通常は数時間から数十時間までです。

充電時間が長くなる場合もありますが、再充電が可能なため、繰り返し使用することができます。

ソーラー式防災ライトの照射距離も電池式と同様に数十メートルから数百メートル程度です。LEDの光源の性能によって決まります。

充電式防災ライト

引用:photoAC

充電式の防災ライトは、ACアダプターやUSBケーブルを使用して充電します。これにより、家庭の電源や携帯用の充電器を利用して容易に充電することができます。

充電が切れたら、再充電が可能です。充電が完了すれば、防災ライトとして使用ができます。

充電式防災ライトのメリットと注意点

定期的な電池交換が不要で、充電さえしておけばいつでも使えます。

また、充電式の防災ライトはモバイルバッテリーとしても活用することができるものもあり、携帯電話やその他のデバイスを充電することができます。

これにより、災害時の充電環境を確保することができます。ただし、使用時にバッテリーの充電を考慮する必要があります。

点灯時間と照射距離・範囲

内蔵のバッテリーが充電されると、点灯時間は通常数時間から数十時間までです。

充電時間が短く、再充電が可能なため、繰り返し使用することができます。

充電式防災ライトの照射距離は、電池式やソーラー式と同様に数十メートルから数百メートル程度で広範囲に光を照らせます。

手回し式防災ライト

引用:photoAC

手回し式の防災ライトは、ライトについているハンドルを回すことで内蔵の発電機を作動させ、電力を供給するタイプのライトです。

長時間停電が続く緊急時にも、手動で発電できるため、頼りになります。外部の電源が利用できない状況でも、手動でエネルギーを供給し、ライトを点灯させることができます。

非常用としての使用に適しています。手回し式の防災ライトは、バッテリーを内蔵していないため、バッテリーの劣化や交換の必要がありません。

手回し式防災ライトのメリットと注意点

電源が不要なため、完全に独立して動作し、信頼性が高いです。外部の電源が利用できない状況でも、手動でエネルギーを供給できるため、信頼性が高く、災害時の備えとして安心して利用できます。

緊急時にエネルギーが必要な場合でも、手動で充電できるため、非常に便利です。電池切れや充電不足の心配がなく、いつでも手元にある防災ライトを使って照明を確保できます。

ただし、手回しの際に音が鳴ったり、体力的に大変になる場合があるので、考慮して選びましょう。

点灯時間と照射距離・範囲

点灯時間は手動で充電する時間や回転速度によって異なりますが、通常は数分から数十分までです。長期間の停電時にも手動で発電できるため、緊急時に重宝されます。

手回し式防災ライトの照射距離は、他の種類と比べて短い場合があります。通常、数十メートル程度です。手回しで発電するため、明るさや照射距離は限られます。

手回し式防災ライトは、比較的狭い範囲を照らすことができます。緊急時に即座に使用できる手動充電の機能を持つため、狭い範囲での使用に適しています。

おすすめのライト・ランタンを紹介

引用:photoAC

防水機能付 LEDLED懐中電灯 電池がどれでもライト

電池式のライトです。

単一電池、単二電池、単三電池、単四電池の4種類の電池を使用することができるライトです。その電池も1本で点灯することができます。

電池の大きさによって、照射時間は変わります。乾電池の場合だと、

  • 単1形:約50時間
  • 単2形:約25時間
  • 単3形:約8時間
  • 単4形:約2時間30分

これらの時間の点灯が可能で、合計すると85時間30分の点灯に対応している優れものです。

商品をチェックする

LEDランタン充電式

充電式のランタンです。

コンパクトで持ち運びがしやすく、モバイルバッテリーの代わりにもなります。一点を照らすライトとは違い、全体を幅広く照らすことができます。

商品をチェックする

ハンディライト 高輝度チップ搭載

電池式のライトです。単四電池3本で使用することができます。

このハンディライトの特徴は、照射距離です。片手に収まるコンパクトなサイズではありますが、最大150m先まで照らすことができます。

災害時に移動が必要な際など役立ちます。

商品をチェックする

LEDランタン LLighting EVERighting EVER

電池式のランタンです。

最大240時間点灯することができ、空間一帯を明るくすることができるランタンです。

商品をチェックする

投光器 LEDLED 充電式 作業灯

ソーラー充電とUSB充電ができるライトです。

14時間~18時間の点灯ができます。晴れの日はソーラー充電し、曇っているときはUSB充電で対応できます。幅広い範囲を照らせるのも魅力です。

商品をチェックする

防災ライト・ランタンで災害に備えましょう

防災ライト・ランタンは災害や停電時に役立つ防災グッズです。

明かりがあることで、移動が安全にできたり、心理的な安心感を得られます。

防災ライトを準備して災害に備えましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次