火事に備える!家庭用消火器を選ぶポイントとおすすめ商品5選

家庭での火災は、大きな被害をもたらす可能性があります。

その原因はさまざまですが、一般的によくあるものを挙げると、調理中の火災電気設備の故障タバコの不始末などがあります。

これらの要因によって引き起こされる火事に対して、事前の火災対策をしておくことで被害を最小限に抑えることができます。

本記事では、家庭で起こる火事について詳しく解説をし、火災対策の一つである家庭用消火器の設置と選ぶポイントとおすすめ商品まで紹介していきます。

ぜひご参考ください。

目次

火事でよくある原因とは?

引用:photoAC

家庭で火事が起こる原因はさまざまありますが、よくある家庭の火災の原因をいくつか挙げていきます。

調理中の火災

まずは、調理中の火災です。

調理中に油が飛び散ったり、調理器具が過熱して火災が発生することがあります。

特に揚げ物や油を使用する料理の際には注意が必要です。

電気設備の故障

電化製品や配線の劣化、過負荷などが原因で火災が発生することがあります。

古い電気配線や使用済みの電化製品の使用は、火災のリスクを高める可能性があります。

タバコ

タバコの不始末喫煙時の火の取り扱い不良によって、火災が発生することがあります。

特にベッドやソファでの喫煙は危険です。

ろうそくや燭台

引用:photoAC

点火したまま放置したり、倒れたりして火災が発生することがあります。

特に子供やペットのいる家庭では、ろうそくの取り扱いには十分な注意が必要です。

ストーブや暖炉

火の取り扱いの不注意や、燃えカスの排出が不十分な場合に火災が発生することがあります。

特に冬季には暖房を使用することが多いため、注意が必要です。

家庭用化学物質

洗剤や薬品、塗料などの家庭用化学物質が不適切に取り扱われると、火災が発生することがあります。

これらの物質は適切に保管し、使用時には注意が必要です。

子供の不注意

子供が火を使ったり、火花を出す遊びをしたりすることで火災が発生することがあります。

子供が火の取り扱いに慣れていない場合は、特に注意が必要です。

これらは一般的な家庭の火災の原因の一部ですが、火災の発生を防ぐためには、火の取り扱いに対する注意や予防策の徹底が重要です。

また、火災が発生した際の迅速な対応も重要ですので、適切な消火器の設置や家族の火災対策に対する認識の共有が大切です。

次の項目では、家事の被害を最小限に抑えるポイントをいくつか紹介をしていきます。

火事の被害を最小限に抑えるポイント

引用:photoAC

家庭の火事の被害を最小限に抑えるためには、次のようなポイントに気を付けると良いでしょう。

一つずつ紹介をしていきます。

火災報知器の設置

家の各部屋に火災報知器を設置し、火災が発生した際に早期に警告を受けることができるようにします。

火災報知器の定期的な点検と電池の交換を怠らないようにしましょう。

消火器の設置とトレーニング

家の各階や主要な部屋に消火器を設置し、家族全員が消火器の使い方を正しく理解し、トレーニングを受けるようにします。

火災発生時に消火器を迅速に使用できるよう、定期的なトレーニングを行います。

適切な火の取り扱い

調理中には、調理器具から油が飛び散らないように気を付け、火元から適切な距離を保つようにします。

また、タバコを吸う場合は火を消灯し、燃えカスやタバコの不始末を防止します。

電気設備の点検

引用:illustAC

家の電気設備や電化製品の点検を定期的に行います。

古くなった配線や故障した電化製品は、火災の原因になる可能性があるため、早期に交換や修理を行います。

火気の使用に注意

ろうそくや燭台、ストーブ、暖炉などの火気を使用する際は、火の周囲に燃えやすい物を置かないようにし、火を取り扱う際には十分な警戒をします。

予防策の徹底

家庭内で火災が発生しやすい場所や要因を特定し、予防策を徹底します。

例えば、キッチンや居間などでの火の取り扱いには特に注意し、子供やペットが火の近くに行かないようにします。

これらのポイントを実践することで、家庭の火事の被害を最小限に抑えることができます。

常に火災への備えを怠らず、家族全員で安全意識を高めることが重要です。

家庭用消火器を準備しておくことの5つの重要性

引用:illustAC

家事を抑えるポイントについて解説をしましたが、実際に火事が起きてから被害を最小限に抑えるためには早期の消火活動が必要になります。

特に家庭では、生活空間や大切な資産が火災の脅威にさらされています。そこで、家庭用消火器は非常に重要な役割を果たします。

では、家庭用消火器を準備しておくことの重要性について詳しく解説をしていきます。

早期対応が出来る

火災が発生した場合、最初の数分が重要です。早期に鎮火できれば、被害を最小限に抑えることができます。

家庭用消火器があれば、火災が小さな段階で消火することが可能です。

火災の拡大防止

小さな火災でも放置すれば、その燃え広がりにより大規模な被害につながります。

消火器を使用することで、火災の拡大を防ぎ、近隣の家族や隣人の安全を確保できます。

家族や資産を守れる

家庭は大切なもので満ちています。

火災による被害は家族や資産に大きな損害を与えますが、消火器を備えていれば、家族や資産を守ることができます。

火災保険の条件を満たせる

火災保険を利用している場合、保険会社は火災対策を十分に行っていることを求めることがあります。

家庭用消火器を備えることで、保険料の削減や保険契約の条件の一部を満たすことができます。

これらのことから、家庭用消火器は家にとって重要なものと言えます。

家庭用消火器を置くおすすめの場所6選

火災の発生リスクが高い場所には、特に消火器を適切に配置することが重要です。

家庭用消火器はどこに置くのが良いのか解説をします。

キッチン

引用:illustAC

キッチンは火災が発生しやすい場所の一つです。

調理中に油が飛散したり、調理器具が過熱して火災を引き起こす可能性があります。そのため、キッチンには消火器を直接近くに配置しましょう。

特にガスコンロや調理スペースの近くに設置することが重要です。

居間・リビングルーム

居間やリビングルームには、電化製品や暖炉などがあり、火災の発生リスクが高まります。

これらの場所にも消火器を配置し、火災が発生した際にすぐに対応できるようにします。

寝室

寝室は火災が発生した際に最も安全な場所であるべきですが、火災が発生した場合に備えて消火器を設置することも検討されます。

特に電化製品を充電する際などに火災が発生する可能性があるため、寝室にも消火器を配置することが望ましいです。

ガレージ

引用:illustAC

ガレージには、自動車や工具、可燃性の物品などがあり、火災のリスクが高まります。

ガレージには、消火器を常備し、火災が発生した際に迅速に対応できるようにします。また、特にガソリンや油を保管している場合には、消火器を近くに配置することが必要です。

倉庫や物置

倉庫や物置には、可燃性の物品や化学物質が保管されている場合があります。

これらの場所には、消火器を設置し、火災が発生した際に素早く対応できるようにします。

家庭用消火器を配置する際には、火災が発生しやすい場所から離れておらず、すぐに手の届く範囲に配置することがおすすめです。

また、配置場所は直接火災が発生しやすい場所に近く、視認性が高い場所に設置することで、緊急時に迅速に見つけられるようにします。

これらの対策をすることで、火災が発生した際に迅速かつ効果的に対応することができます。

家庭の安全を確保するために、適切な場所に消火器を配置し火事の被害を回避しましょう。

家庭用消火器を選ぶ際のポイントとおすすめ商品5選

では、どのような家庭用消火器を選べばいいのでしょうか。

家庭用消火器を選ぶ際のポイントとおすすめ商品について解説をしていきます。

消火器には様々なタイプがあります。例えば、学校や会社などでよく見る赤い消火器だったりスプレー缶消化器や、ボール型の消化器などがあります。

これらの消火器は実際のシチュエーションに合わせたタイプを選択することで、機能を発揮します。

使用場所や用途に応じて適切なタイプを選択するとよいでしょう。どのようなタイプがあるのかを詳しく解説をしていきます。

一般的な消火器タイプ

引用:illustAC

消火器と言って、イメージする方も多い赤い消火器です。こちらは、使用期限が10年あるため一度買えば長く保管をしておくことができます。

こちらの消火器は水のかかる場所、湿気の多い場所や高温となる場所に置くことができません。階段近くの邪魔にならないところや、リビングや寝室の目につきやすいところ、台所の入口など火の気に近いところに設置しましょう。

商品をチェックする

ボール型の消火器

ボール型の消火器は、火の気の近いところに設置をします。

例えば、コンロの上や車庫、電気機械などの火災リスクの高い場所などです。

これらの場所に設置をすることで、火災が起きた際にボールが割れてすぐに消火をすることができます。

商品をチェックする

天ぷら火災用の消火器

引用:illustAC

調理中の火災に対しては、箱のまま油の中に入れるだけで消火をしてくれる、天ぷら火災用消火器もおすすめです。

緊急時でもすぐに扱いやすいのが特徴です。

商品をチェックする

消化スプレータイプ

スプレー缶タイプの消化器もあります。キッチンやキャンプ、コンセント火災など様々なシーンで役立ってくれます。

また、サイズが小さいため持ち運びに便利です。

商品をチェックする

クロスタイプの消化具

火災の初期消火に役立つのが、クロスタイプの消火具です。

火の上にクロスをかけることで火災の被害を抑えることができます。

商品をチェックする

火災対策を行いましょう

火事は大きな被害をもたらす可能性のある災害です。

家庭用消火器の設置をしたり、火災対策をしておくことで火事の被害を最小限に抑えることができます。

消火器の設置場所やタイプを慎重に選び、火災発生時には迅速な対応が可能となるように準備しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次