停電・災害時に活躍する『非常灯』選ぶポイント4選とおすすめグッズ紹介

停電は電気の使い過ぎ以外でも、台風や洪水などの自然災害時に突然やってきます。

災害時の夜間、明かりがない空間では身動きが取りづらく自宅からの避難が遅れてしまう場合もあります。

そんな時の明かりの確保として役立つのが非常灯です。

夜間に停電が起こったり避難する際に、照明が必要な状況になったとき非常灯があると安心して移動や過ごすことができます。

本記事では、非常灯の重要性や役割から、非常灯を選ぶ際のポイント、おすすめの非常灯を紹介します。ぜひご参考ください。

目次

停電・災害時に必須!非常灯の重要性と役割

引用:photoAC

 

災害は突然やってくるものであり、その際に備えておくことは非常に重要です。

地震、台風、洪水などの自然災害や、電気の使い過ぎによる停電などの人為的災害が発生した場合、暗闇や見通しの悪い状況が生じることがあります。

このような状況下で、非常灯は重要な役割を果たします。災害時の備えとして非常灯の重要性と役割について詳しく解説をしていきます。

非常灯の重要性

非常灯は、災害時において照明の確保に役立つアイテムです。

停電が発生した場合や、避難が必要な状況下で、家庭内や建物内での安全性を確保するために必要不可欠です。

非常灯があれば、暗闇においても安全に移動でき、緊急時の対応がスムーズになります。

また、非常灯は災害時だけでなく、普段の生活でも使用することができ、万が一の備えとして家庭に常備しておくことが重要です。

非常灯の役割

非常灯は、災害時における安全な移動や行動をサポートします。暗闇の中で階段を下りたり、避難経路を確認する際に役立ちます。

また、災害時における暗闇や不安定な状況下で、非常灯は心理的な安定感を得ることができます。明るい照明があれば、家族とのコミュニケーションも円滑に行うことができます。

災害発生後に救助活動が行われる際、非常灯の明かりによって、救助隊の助けを得られることもあります。特に、夜間や暗がりでの捜索活動に明かりは重要な役割を持っています。

非常灯を選ぶ際のポイント4選

引用:illustAC

非常灯を選ぶ際には様々な種類や機能があり、適切な選択をする必要があります。

停電・災害対策の基本として、非常灯を選ぶ際の重要なポイントについて解説します。

ポイント1照明の明るさと範囲

まず選ぶポイントの1つ目として、非常灯の明るさや照射範囲があります。

災害時や停電時には、暗闇の中での移動や作業が必要になることがあります。明るい照明があれば、障害物や危険を回避しやすくなり、安全性を確保できます。

また、暗闇の中で過ごすことは精神的なストレスを引き起こす可能性があります。明るい照明があれば、ストレスを軽減し、心理的な安定感を得ることができます。

そのため、非常灯を選ぶ際には、明るさと広さに注目して選ぶようにしましょう。

ポイント2電源の種類

2つ目のポイントは非常灯の電源の種類です。

種類としては、電池式や充電式、ソーラー充電式などがあります。

選ぶ際には、使用頻度や充電のしやすさなどを考慮して適切な電源を選びましょう。

一般的な非常灯の電源について詳しく紹介をします。

電池式の非常灯

電池式の非常灯は、乾電池や充電池などの電池を使用して動作します。

停電時にも使用可能であり、定期的な電池交換や充電が必要ですが、使用場所を選ばず手軽に持ち運びができる利点があります。

充電式の非常灯

充電式の非常灯は、内蔵のバッテリーを充電して使用します。

通常はコンセントに接続して充電し、停電時にはバッテリーから電力を供給します。定期的な充電が必要ですが、使用時に電池交換の手間がなく、再充電が可能なため経済的です。

ソーラー充電式の非常灯

ソーラー充電式の非常灯は、太陽光を利用してバッテリーを充電します。

太陽光が充足している場所であれば、電源を確保する必要がなく、環境に優しい選択肢です。ただし、日光が不足している場所や曇りの日では充電が難しい場合があります。

ポイント3長時間の点灯機能

引用:photoAC

3つ目のポイントは長時間の点灯が出来るかどうかです。

長時間点灯することが出来れば、停電が長時間続いても照明を確保することができます。特に、災害時や大規模な停電時には、数時間以上の点灯時間が必要となる場合があります。

夜間の停電時には、家庭内での作業や活動が必要になることがあります。長時間点灯が可能な非常灯があれば、夜間の作業や活動を継続することができます。

ポイント4コンパクトさと取り扱いのしやすさ

非常灯は緊急時にスムーズに取り扱えることが重要です。

コンパクトで持ち運びやすい非常灯を選ぶことで、避難時に役立ちます。

災害時や緊急時には、急いで避難する必要がある場合もあります。その際に、コンパクトな非常灯は身軽に持ち歩くことができ、避難時の負担を軽減します。

また、バッグや車の中に収納しやすく、必要な時にすぐに取り出すことができます。

これらのポイントを考えて非常灯を購入することで、停電や災害時に役立ってくれます。

非常灯は定期的に点検しましょう

引用:photoAC

非常灯は災害時や停電時に頼りになるアイテムですが、安全な使用をするためには定期的な点検が欠かせません。

ここからは、非常灯の点検項目について解説します。

電源の確認

非常灯の電源が正常に動作しているかどうかを確認します。

電池式の場合は、電池の寿命や残量を定期的にチェックしましょう。

明るさの確認

非常灯の明るさが十分であることを確認します。

明るさが低下している場合は、電池交換やランプの交換を検討します。

スイッチや操作パネルの動作確認

スイッチや操作パネルが正常に動作しているかどうかを確認します。

動作不良があれば修理または交換が必要です。

ケーブルやコードの損傷の確認

非常灯に接続されているケーブルやコードに損傷や断線がないかどうかを確認します。

損傷があれば安全に使用できないため、修理が必要です。

 

点検の間隔は、使用頻度や環境によって異なりますが、数ヶ月から半年ごとに行うことが推奨されます。安全な使用を保証するために点検は欠かせない作業です。

災害時や停電時など、使いたいタイミングで使えないということがないようにチェックを行うとよいでしょう。

おすすめの非常灯をご紹介

引用:photoAC

非常灯のなかにも普段使いできるもの、充電式と電池式のものなど様々あります。

ここでは、おすすめの非常灯についてご紹介をしていきます。

コンセントタップ & LEDライト

コンセントにさして、普段はコンセントタップとして活用できる非常灯です。

停電になると、自動点灯しコンセントから取り外すと携帯灯としても使用できます。

商品をチェックする

非常時自動点灯式 LED センサーライト

普段はコンセントにさしておき、人が通るとセンサーで明かりが灯るセンサーライトです。

停電や災害時は、ライトを取り外すことで卓上ライトにも、手持ちライトにもすることができます。

商品をチェックする

明るさセンサ付ハンディホーム保安灯

廊下などの暗い通り道を照らすのに最適なセンサ付き保安灯です。

商品をチェックする

目と命を守るデスクライト

普段はデスクライトとして使えます。停電の際は自動点灯するため、暗さを気にせず命を守る行動を迅速にとることができます。

また、コンセントだけでなく乾電池にも対応しているので避難先などでも活用がしやすいのでおすすめです。

商品をチェックする

防災用シーリングH otaluX AID

引用:photoAC

防災用のシーリングライトです。停電時でも部屋全体を明るく照らすことができるのが魅力です。

商品をチェックする

以上がおすすめの非常灯です。ぜひ、用途に合わせて選んでみてください。

非常灯を常備しておきましょう

家で停電が起こった時や災害時の避難などに役立つ非常灯を持っておくことは日々の安心につながります。

非常灯を購入する際は、照明の明るさと範囲や電源の種類などのポイントを抑えて購入をしましょう。

購入後は定期的な点検を行うことで、もしもの際に役立ってくれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次